Blogブログ

vellgoのブログ。毎日更新中

これがvellgoの目指す先

 

no.680

 

 

 

 

 

まいどです

メンズ専門美容室 vellgo(ヴェルゴ)

オーナーでサーファーの髙木啓希です

髙木を知らない方はこちら

「髙木啓希という男」

 

 

 

 

 

今日のヴェルゴは定休日

朝から

保健所、市役所、病院巡りでらしくない休日です

 

 

あー、サーフィンがしたい

なんせ動きたい

運動がしたい毎日です

 

 

この前BSで

サーフィンの番組やってて、

 

オーストラリア人の方が

「サーフィンを上手な人はたくさんいるけど、

上手なサーフィンを教えれる人はいない」

 

 

 

って言うてました

 

なるほどー

なるほど。

 

 

これは僕らの業界も同じなんですよね

 

僕なんかバリバリ実践人間なので

ヴェルゴなんか基礎を教えたら

あとは実践

 

実践あるのみ

 

 

だって全てのやり方を教えてしまうと

ただの僕のコピーになってしまうから

 

 

僕のコピーなんか

AIが発達してから何ぼでも量産したらいいんです

クローン技術が出来上がってからでいいんです

てか、僕を量産してもおもんないんです

 

 

ケースケやエイキが僕の真似をするのはいいんですけど

完コピはいらんのです

 

そんなサロンは面白くないんです

 

 

 

僕は基本を教えるだけ

全ての技術の基本を教えるだけなんです

 

もし、

ケースケ、エイキが

全ての僕の技術を完コピで覚えようとしてたら

ヴェルゴは数年で潰れます

 

 

基本を覚えたあとは

自分色に変えていく必要があるんです

 

 

自分で考えて

誰のための技術なのか

誰のために練習してるのか

何のためにやってるのか

 

 

何かにつまずいたら

思い出すことです

ヴェルゴの事業理念を

 

 

僕たちヴェルゴには

事業理念があるんです

 

個人事業で、

ちっさいサロンですが

僕たちは一つの理念に基づいて

働いています

 

 

 

「理容業を通じて

vellgoに関わったお客様を「カッコ良く」して、

お客様の仕事、プライベートまで「カッコ良く」すること

そして何より自分自身も「カッコ良く」居続けることを

理念とする」

 

 

 

何かに迷ったら

この理念に沿ってるか

反いてるか

 

それを良く考えて行動するように教えています

 

 

 

仕事中しんどい時

気分が乗らない時

 

しんどい顔をするのがカッコイイことなのか?

ふてこい顔するのがカッコイイことなのか?

 

仕事以外でも

休みの過ごし方、歩き方、しゃべり方、

それらすべてがカッコ良くできてるのか?

 

全部できる人は

そういないと思いますが、

これを意識するのと

しないのとでは全然違います

 

ヴェルゴはそんな集団を目指し続けます

こんなサロン他にないので

 

独自化を突き進みます

 

 

 

聞く人が聞いたら

「目標が高すぎるわー」

って感じですが、

 

目標は高いのが当たり前ですから

 

低い目標なんて目標ちゃいます

それはただの現実

 

できることを目指しても意味ないでしょ

 

 

 

今年は2019年の新卒採用に向けて動きます

 

その時に

自分の夢、野望、野心がある子に出会えるように

夢、野望、野心を抱ける人材に出会えるように

 

ヴェルゴの仲間を熱く探します

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

羽ノ浦の鳥笑で酒飲みながら

一人熱くなってましたとさ

 

 

 

 

 

あざーす

 

関連記事