Blogブログ

vellgoのブログ。毎日更新中

髙木、ウルフギャングに行く

 

no.739

 

 

 

 

まいどです

メンズ専門美容室 vellgo(ヴェルゴ)

オーナーでサーファーの髙木啓希です

髙木を知らない方は「こちら」

 

 

 

 

大阪の講習を終えて

もう一つ楽しみにしてたことがあるんです

 

それは

ウルフギャングのステーキを

食べること

 

 

 

 

 

 

↑これ

 

 

テレビでよく見てたので

一度は行ってみたかったんです

 

 

ええ値段するお店やから

・接客

・お店の雰囲気

これらの勉強になればと思って

 

えいきも連れて行くことにしました

 

 

梅田にあるルクアイーレの10階に行くと・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウルフギャングキターーー

 

 

 

なんかホームページで調べると、

こんなこと書いてました

 

「男子のタンクトップ、ノースリーブまたはそれに関する服装

サンダルでのご来店はご遠慮ください」

 

マジで?

 

男性のタンクトップあかんの?

 

めっちゃ厳しいやん

 

 

ステーキ屋やのに

筋肉見せびらかす系の人は来ていらんのかな???

 

厳しいなー

 

 

 

 

店内に入ると

 

 

 

 

 

 

 

 

 

速攻ビール

 

 

大人な雰囲気満載でした

変に緊張します

 

 

ビール飲んで心を落ち着かせます

 

 

注文したのは

 

ステーキ for two 16000円

 

 

い、いちまんろくせん???

やっばー

マジやばいって

 

ビールとか一杯950円するし

 

恐るべしウルフギャング

 

 

ランチで2万以上飛んでいくなんて・・・

 

大阪に来たから飛田新地行きたかったのに・・・

 

 

 

まぁいいんです

 

これも勉強です

 

 

 

とかいうてたら

ステーキがキターーーーーーー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・・

 

なんか全然映えん

えっ?ほんまにこれ???

 

なんやったら少ない

 

 

もっと多いん頼んだらよかったー

 

もっとデカイ肉やったら映えてたはずやのに

 

 

 

 

でも、

うまーい

 

めちゃくちゃうまーい

 

 

思わず写真撮ってもらいました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

徳島県民二人

めっちゃ緊張しております

 

一人半袖がいます

 

店内で唯一半袖でした

気分は夏です

 

ウルフギャングっていうたら

ハワイのイメージやったので

半袖で入ってみたんですけど

 

案外変な目で見られるもんですね

次はもっとちゃんとした服装で行こうっと

 

 

 

 

皆さんも

いい店行く時は服装もそうですけど

 

髪型もちゃんとセットしましょうね

 

キャップばっかりかぶってたらあきませんよー

 

 

 

 

 

あざす

関連記事